スタッフ紹介
工業用トレーのシーエステックTOP > スタッフ紹介

お客様の製品開発をバックアップするスタッフを紹介いたします

弊社にて働くスタッフの生の声をこちらでご紹介いたします。皆様のご要望は、私達にお気軽にご相談ください。

営業お客様担当(大阪) 吉村 匡史

営業お客様担当(大阪) 吉村 匡史

弊社は設立以来たくさんのトレーを作ってまいりました。決して歴史があるメーカーではありませんが、トレーの設計から、型の製造、トレーの製造を一貫して行い、それらが常に連携を取るという体制で、他社よりも品質的にも、数量的にも優れたトレーを作ってきたと、自信をもっております。

すべてのお問い合わせには真剣に向き合い、今まで私たちが、トレーを製造する中で培ったノウハウや技術、小回りの効いた迅速な対応で、お客様の期待を常に上回るようなレスポンスと製品作りをすることを、社員一同、常に心がけております。

現行のトレーに課題や悩みはありませんか?小さな事で構いません。弊社の経験と実績から、お客様のご要望を満たせるような方法をご提案をさせていただきます。小さな悩みに見えても、仮に改善されれば、御社の作業効率はグンと上がるかもしれません。
また、新しい事業・新しい案件に取り組まれておられる方、従来のトレーで実現できるか分からない、「こんなトレーは、ないかな?」といったイメージだけでも構いません。我々が従来のトレーや製造工程にとらわれないCSの精神(チャレンジスピリット)をもって、目標達成のサポー トをさせていただきます。

ぜひ気軽にお問い合わせください。

営業お客様担当(東京) 穂苅理沙

営業お客様担当(東京) 穂苅理沙

皆様、搬送コストが今よりもっと削減できること、ご存知ですか?
過剰包装や無駄な空間により、搬送コストは高価になってしまいます。
搬送トレーの材料と形状を工夫することで、より強度に、より安全に、より安く、お客様の大切な商品を搬送することが可能です。

シーエステックでは、今までの経験を活かしたオリジナルのノウハウにより、新しいトレーをご提供いたします。
トレーに関してお困りのことがあれば、どんなことでもご気軽にご相談ください。

CAD/CAM担当 水野太郎

CAD/CAM担当 水野太郎

設計された図面を、金型用のデータに変換する仕事をしています。
精度良く、いかに効率的に金型を作れるかを念頭に置き、データを作成しています。
3D形状も得意です。
お客様の要望を、うまく金型に反映できるように頑張っています。
これからもできない形状は無いという、信念でデータを作成していきますので、よろしくお願いします。

製造部門担当 河塚将太

製造部門担当 河塚将太

成型を担当しています河塚です。
成型されたトレーに載せられる部品をイメージしながら、愛着を持ってトレーを生産しています。
近年、部品は海外での生産が多いですが、海外では真似のできない、小回りの効くスピードと、良い品質のトレーをお届けできるように頑張りたいと思いますので、是非当社にお声をお掛けください。

金型製造担当 武田裕次

金型製造担当 武田裕次

金型を生産しています武田です。
主に金型に真空成型の穴あけや、仕上げを行っています。
金型には小さな真空穴を沢山あけます。
穴をあける場所によって、でき上がった製品の仕上がり具合や、寸法精度が変わってきます。
たかが穴、されど穴、1球入魂の如く、1穴入魂で気持ちを込めて金型を作っていますので、これからもよろしくお願いします。

品質管理部門担当 手代木幸子

品質管理部門担当 手代木幸子

弊社の特徴である顧客対応スピードと、安定した品質を両立させる事を心がけています。
特にカスタム仕様については、クリーン環境での外観検査によって不具合の流出防止に努めています。
さらに、ご要望に応じて洗浄も自社内で実施しており医療用途等にも対応が可能です。
また、製品の品質特性を各部門と共有することにより、品質改善にも注力しています。
お客様にご信頼いただける確かな品質を達成できるよう、日々努めています。

海外担当 柏文忠

海外担当 柏文忠

中国スタッフの柏です。名古屋で7年間働いていた経験を活かし、日々奮闘しております。
中国のシート材材料メーカーとトレー加工工場は技術進歩のスピードが速く、品質面ではわれわれの商品と大差がなくなってきております。
ただ、私たちには「ハイスペックの素材」「日本本社と提携した開発・設計の速さ」「徹底した品質管理による品質の安定」という強い武器があり、まだまだ中国企業と比べ、何歩も先を走っていると自負しております。
今後も今まで以上にスピードと提案力で競争に打ち勝っていきたいとスタッフ一同頑張ってまいります。

お問い合わせはこちら